宮城県 仙台城跡(青葉城跡) 旅は人を見るもの

仙台城跡(青葉城跡) に行ってきました。

もう5回以上は行っています。

仙台に行って牛タンを食べて、時間があまったら必ず行ってしまいます。
(ほかにいいところを知らないだけ?)

仙台は東北でもっとも大きい町。
おいしいものを食べたり、買い物をしたい人には便利です。

でも都会の繁華街は、個性がでにくいためか、旅感を感じるのは難しいです(横浜中華街とは例外はありますが)。
旅をするなら、旅を感じることをしたいです。

 

旅を感じる旅ってなんだろう?と改めて考えてみました。

旅ではやっぱりその土地にしかないものをみたい。

それってどういうことでしょうか。

考えてみると・・・

 

その地域の人が、

  1. どんな暮らしをしていたか
  2. どんな仕事をしていたか
  3. どんなものを食べていたか
  4. どんなものが好きだったか(流行)
  5. どんな風景を見ていたか

などが、その地域にしかないものといえそうです。

 

観光は「光を見る」と書きますが、「光」とは人ですね。

旅はやっぱり、人を見に行くがの好きです。

人がもっとも興味があるのものが、人です。

町の見た目はこれからどんな風に変わろうと、ずっと変わらないもの。

仙台定番の景色を見て、じぶんはやっぱり旅でこういうところに行きたいんだなと、再確認しました。