カテゴリー
旅論

「お客さん今日はラッキーだね」はどうして大切か

その旅の価値をあげることになるから。

すてきな思い出がたくさんあるほどいい旅となり、その土地にいい印象をもつから。
という話です。

 

ちょっとしたことで、幸運に思える

静岡へ旅行に行ったとき、富士山にかかる雲がめずらしい形をしていました。
なんていう雲の形か思い出せません、スミマセン。

地元のお土産の人たちは「コレすごくめずらしいよ、お客さんラッキーだね」と言っていました。

別にそこで買い物をしたわけではないのに、聞いている人みんながうれしそうにして写真をパシャリ。

自分もちょっといい気分になったのを覚えています。

 

単純だけど、この一言は大事ですよね。

各地でいい思い出をつくるのが旅

観光客にはその雲の状況がレアなことかがわからないから、それを幸運と気づかせるのは大切

幸運なこととか、すてきな思い出のかけらがたくさんあるほどいい旅となり、その土地にいい印象をもちます

 

観光的には、その土地にいい印象をもてば、また行ってみたくなる可能性がちょっと高くなるでしょう。
ピンポイントで同じ場所へ行かなくても、その周辺に行きたくなるかもしれません。

もう二度と行けないとしても、その土地に対していい思い出があること自体、すてきなこと

各地でいい思い出があるのは旅の醍醐味です。

 

観光のおもてなしをする側としては、花の開花状況でも天気でもなんでも、その旅幸運だったということは積極的に伝える。

あ、もちろんウソはダメ。
桜が七分咲きだったら、ピークですはウソ。
満開ではないけれど、これから満開って状態が個人的にはわくわくして好きなんですよねぇ
っていうのはホント。

その旅の価値をあげています。

もちろん、幸運なこと以上に悪いことがあると、台無しになってしまうけれど。

いい状況が少なくても、がんばって探すのがおもてなし

天気が悪いとか、目的の店が休みとか、マイナスの要素が多くなることは必ずあります。

でもそのなかからプラスの要素を見つけて、今日はここがよかったということは、観光客の救いとなります。

観光にかかわる人間として、観光客の旅にいい思い出をプラスできるよう、意識して行動しようと改めて思いました。

カテゴリー
旅論

どうして歴史や文化を知ると、旅が楽しくなるのか?

たとえなにも知らなくても楽しめるのが旅。
でも背景にある物語を知っていると、旅をより深く楽しめます。

好奇心の強い人はそもそも、知らないことを知るのが楽しいです。
知っていることが多い人のほうが、より多くのことを発見でき、旅がさらに楽しくなりやすいという話です。

旅の楽しみってなんでしょうか

旅は異日常ともいわれます。

非日常だと、日常とはまったく違うみたなイメージ。
今の旅は日常とつながりのある変わった体験なので、たしかに異日常のほうがしっくりきます。

旅の楽しみの代表選手。

  1. 体験(温泉、歴史文化、里山、アウトドア、写真など)
  2. 見る(景勝地、美術館&博物館など)
  3. 食べる(グルメ)
  4. 泊まる

まだあるでしょう。

2人以上で行く旅であれば、楽しさを分かち合うのがまた楽しい。

知っていることが増えると、さらに旅は楽しくなります。

知っていると旅が楽しいこと

代表的なのは歴史や文化。

文化とは、その地域のむかしの人が、どのような生活をしていたか、どのようなことを大切に考えていたか、好きだったか

地域の根底にあるもので、ドラマです。

 

これらを知るとどうなるか。

好奇心が強い人は、日常にはない、知らなかったや変わったこと(「奇」)を知ることが好きです。

つまり知ること自体がうれしい

人に聞いたり、読書をしたりして、その土地の文化や歴史を知ること自体が好きです。

 

旅の楽しみ(体験、見る、食べる、泊まる、人)にふれたときに、歴史や文化の知識がベースがあり、知っていることが多いほうが、さまざまな情報と結びつき、さらに発見が増えます

 

たとえば読書するとき、同じ本でも持っている知識によって得るものが違います。

旅にもいえることで、同じ土地でも持っている知識によって、発見が異なるのです。

だからもう、その時点でうれしいのです。

 

寺を見たとき、知識がないと、建物とかの表面的なことしか見るポイントがありません。

どの寺でも同じに見えちゃうし、かっこいい!くらいしか感想がないことも。

その寺がなんのためにできたか、どんなドラマがあったかとかの知識があれば、得るものも違います。

現地での細かい説明も頭に入りやすいでしょうし、他の寺との違いもわかれば、得るものはさらに増えるでしょう。

 

さらにコミュニケーションも増えます。

知識つまりネタが豊富なほど、出会った人との会話もはずみやすい。

つまり分かち合うためのやりとりが活発になり、より思い出が増えます

 

なので文化や歴史などの知識があると、旅はもっと深くなり、ワンランク上の楽しみができます

カテゴリー
関東おすすめ

【長野県 仙仁温泉】ディズニーとプロスポーツ思わせるチーム接客

数ヶ月前、ずっと行きたかった「仙仁温泉 岩の湯」にようやく泊まることができました。

仙仁温泉は「とにかく予約がとれない」ということで有名。

いまから10年以上前に旅行雑誌で読んだ「Webサイトをあえて作らない」「スタッフを大切に考え年末年始を休みにしている」などの独自性に驚き、いつか行きたい注目していた宿です。

いまでこそインターネットで情報はある程度わかってしまいますが、当時は謎が多すぎる宿でした。

謎をとくためにとりあえず行ってみようとしても、予約がまったくとれないし。

宣伝はそのときから「口コミのみ」というブレていません。

実際に行くとわかりますが、チェックアウトのときに次の予約の相談をしている人がいます。
他ではなかなか見られない光景でした。

客がすべてではなく「まずスタッフの幸せをつくってこそ、客へのおもてなしができる」という点も共感します。

いまとなってはブラックな会社問題などもあり、昔ほどは新鮮に感じられないです。

でもこれを何十年も前からやっているのだから、時代の先を見る目もひと味違います。

電話での予約が基本ですが、いまは「日本秘湯を守る会」経由ですこしだけインターネット予約ができてるようになっています。

とはいえ土日祝日はまったく予約できませんが、平日なら予約がとれる日もほんの少しあるようです。

 

 

 

で泊まった感想。

接客、料理、温泉、情緒みんなすばらしい。

10年分の期待と胸に、ハードルを相当あげて行ったのに、もう次はいつ行こうかと考えているくらいです。

もっとも関心した点は「いろんな人にちょこっとずつお世話になる」チーム接客

1回の宿泊で関わったスタッフ数は10人以上。

 

覚えているだけでも

  1. 駐車場から宿の入り口まで案内してくれる人
  2. チェックイン時にお茶やお菓子を出してくれる人(数人)
  3. 部屋を案内してくれる人
  4. 食事を案内してくれる人(数人)
  5. 館内のカフェにいる人(数人)
  6. チェックアウトを案内してくれる人
  7. 帰りに見送ってくれる人
  8. 散策中に合う人
  9. おみやげコーナーにいる人

圧倒的な数です。

 

どんな人にあっても、みんな笑顔で気持ちがいい。

接客も丁寧すぎてこっちが緊張しちゃう感じではなく、ちょうどよい距離感。

 

もしかしたら、接客ってコース料理と似ているのかもしれません。

すごく丁寧な接客を1度に味わうより、ちょっとしたここちよい接客を複数にわけて味わったほうが全体の満足度は高まるのかも

ちょっとした気持ちのよいコミュニケーションがいたるところにあり、全体の居心地のよさにつながっているのだと思います。

またその接客をベースに、ハイレベルの料理、温泉、情緒。
これはなんどでも行きたくなりますよ。

 

 

 

あとで知ったことですが、仙仁温泉は部屋が18室に対して、スタッフ60人以上いるそうです。
ざっくり1部屋に3人にいる計算。

あれだけのことをやるのだからねと納得する一方、どれだけ人件費がかかっているんだよとも驚きました。

スタッフ一人ひとり1人がマルチプレーヤーとして、なんでも効率よくやって人件費を下げているケースはよく聞きます。
でも仙仁温泉は別次元の経営のようです。

サービスがいいから値段を高くてもお客さんが満足してくれる。

スタッフとしても1人依存しない接客なので、一般的な宿よりは休みもとりやすいのではないでしょうか。

スタッフが幸せになるからこそ、お客さんの幸せのために気持ちよく動けます。

 

この接客ですぐに思いつくのは、ディズニーランドの感動接客です。

どこで誰と会っても、質の高い接客。

ずっと笑顔で、話しているだけで楽しく、質が高いだけでなくユーモアもある。

正直スタッフの顔は覚えていないが、親切にしてもらったことは心に残っています。

 

 

もうひとつおまけに思いついたのはスポーツのチーム力です。

団体競技は1人のエースだけでは競合には勝てません。

組織としての強さこそほんとうの強さで、それがもっとも高いチームが優勝できます。

仙仁温泉にもエースはいるでしょうが、たとえエースが休みの日でも、お客さんの満足度は変わらないと想像します。

 

 

 

ディズニーランドと、プロスポーツチームを思い起こさせる仙仁温泉でした。

仙仁温泉で「おぉ!」と思ったポイントはまだまだたくさんありますが、このチーム接客にもっとも関心しました。

きっと「お客さまはどうやったら喜んでくれるか?」をずっと研究し続けていのでしょう。

それも一般の宿がかんたんにマネできないレベルで。

 

ここちよいコミュニケーションとはどういうことか?それを考えさせられた宿でした。

じぶんの仕事にも少しでも取り入れていきたいと思いました。

仙仁温泉は業界でもかなり研究されているはず。

おなじくらいの価格帯で、これを超える接客はあるのか。

 

 

 

興味がわきました。

カテゴリー
東北おすすめ

【宮城県 仙台】旅感を高めるのにまず元祖を知る

仙台の牛タンを食べるとき、よく行く老舗があります。

先日も雨の中、がんばって30分並んで食べました。

おいしかった。

 

でもひとつ今回思ったのは、東京のチェーン店で食べる牛タンも、かなりおいしいということ。

チェーン店は後発組。
先ぱい牛タンたちをめっちゃ研究をして、食べやすいメニューにしています。

また居心地のよい接客と空間をつくっています。

この牛タンチェーン店にはいくつかの地域で行ったことがあって、よいです。

「たまにはおいしい仙台の牛タンをおなかいっぱい食べたい」という気持ちは、みごとに満たされます。

 

そうです。

「おいしい牛タンを食べたい」だけなら、仙台に行く必要はないということになります。

 

ではチェーン店だけ行けばよいのでしょうか?

もちろん違います。

 

ここで考えたのは、やっぱり旅を感じるかどうかがポイントになりそうです。
もっというと、背景にある人のドラマを知ることができるかどうか。

参考
宮城県 仙台城跡(青葉城跡) 旅は人を見るもの

 

今回行ったお店は牛タンの元祖。

そもそも牛タンを今のような調理法で食べることを考えた人のお店です。
それまでは薄く切って、塩やこしょうで味付けして食べるってなかったのですね。
偉大な発明家です。

お店は苦労のすえ大繁盛。
のちに県や市(観光協会や商工会議所)から「仙台を牛タンの町に」という提案をうけます。
まさに「牛タンの町・仙台」をつくった元祖です。

時代とともに人の味覚は変わリます。
でも、当時の味をずっと守り続ける店です。

このあたりの話はインターネットで調べるだけでもけっこう出てきます。

この事実を知るだけで、別の仙台牛タンを食べるときも、比較できて楽しいです。

ご当地グルメを食べに行くときは、やっぱりまず押さえておくと旅を感じられます。

カテゴリー
東北おすすめ

宮城県 仙台城跡(青葉城跡) 旅は人を見るもの

仙台城跡(青葉城跡) に行ってきました。

もう5回以上は行っています。

仙台に行って牛タンを食べて、時間があまったら必ず行ってしまいます。
(ほかにいいところを知らないだけ?)

仙台は東北でもっとも大きい町。
おいしいものを食べたり、買い物をしたい人には便利です。

でも都会の繁華街は、個性がでにくいためか、旅感を感じるのは難しいです(横浜中華街とは例外はありますが)。
旅をするなら、旅を感じることをしたいです。

 

旅を感じる旅ってなんだろう?と改めて考えてみました。

旅ではやっぱりその土地にしかないものをみたい。

それってどういうことでしょうか。

考えてみると・・・

 

その地域の人が、

  1. どんな暮らしをしていたか
  2. どんな仕事をしていたか
  3. どんなものを食べていたか
  4. どんなものが好きだったか(流行)
  5. どんな風景を見ていたか

などが、その地域にしかないものといえそうです。

 

観光は「光を見る」と書きますが、「光」とは人ですね。

旅はやっぱり、人を見に行くがの好きです。

人がもっとも興味があるのものが、人です。

町の見た目はこれからどんな風に変わろうと、ずっと変わらないもの。

仙台定番の景色を見て、じぶんはやっぱり旅でこういうところに行きたいんだなと、再確認しました。