京都「伏見稲荷大社」でわかった、きつねやいなり寿司のこと

140308 inari 07
鳥居の超連続!といえば、京都の有名すぎるアレです。伏見稲荷大社(ふしみいなりたいしゃ)ですね。街とかで見かける小さいやつも含め、全国のあらゆるところにある稲荷社の総本社(トップ)!




1.問題。ここの神さまは誰?

140308 inari 01

140308 inari 02

140308 inari 05
余裕。あれでしょ。



・・・



140308 inari 09


・・・




140308 inari 03
違うのか?



2.正解。稲荷大神さまです。


謎①じゃあ、きつねは何?

稲荷大神さま(おいなりさま)の使者です。

稲って名前がつくくらいだから、もともと、人々はおいなりさまに稲が豊かに実ることをお祈りしたのでしょう。


謎②じゃあ、いなり寿司とはどういう関係?

  1. おいなりさんの使者はきつね
  2. きつねの好物は豆腐の「油揚げ」
  3. 油揚げを使う寿司だから「いなり寿司」
になったんです。





3.ついでに。シンボルの千本鳥居は何本?

実際には三千本以上あるとか(気合で数えたサイトはこちら)。

またそもそも、どうして千本鳥居になったのか。あまりちゃんとした資料はないようですが、公式サイトでは、

願い事が「通る」或いは「通った」御礼の意味から、鳥居を奉納する習慣が江戸時代以降に広がった結果

としていましたよ。

「有名な神社で、なんとなく知っている」だとしても、少し調べてみると、新しい発見があって親近感もわきます。いい旅をする秘訣かもしれませんね。



・・・



140308 inari 06

京都府「伏見稲荷大社」への旅
参考データ


<旅をした日>
2006年12月

<参考本>
伏見稲荷大社について参考にした本です。神社の解説書として使っています。


<アクセス>

<関連サイト>

140308_inari_07.jpg

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です