薬師寺で「薬師如来さん」に挨拶。この方の人気の秘密

140302 yakushiji 05

奈良や京都の神社&お寺巡りすると、世界遺産がほんと多いことに気づく。世界遺産がふつーって感覚になってくるからすごい。興福寺(こうふくじ)のあとは薬師寺(やくしじ)に行きました。

1.まず、ツインタワーが美しく、印象的

140302 yakushiji 04

つきました。

薬師寺はもともと、天武天皇が、皇后(おくさま)の病気がよくなるように願って建てたお寺です。

実際には、天武天皇は完成前に亡くなり、病気がよくなった皇后が持統天皇となってがんばりました。

140302 yakushiji 06

東塔(とうとう)国宝っす。

140302 yakushiji 07

西塔(さいとう)。室町時代に戦で焼けてしまったけど、昭和にはいってから復活させたそうです。

2.メインディッシュは金堂(こんどう)。ここにいるのは?

140302 yakushiji 05

「あかりがなくても金色に光輝いた」と伝えてられています。すごい。

で、ここにいらしゃるのが!

140302 yakushiji 02

絵がうまくてごめん。薬師如来さん\(^o^)/

・・・

実際には、薬師三尊像(やくしさんぞんぞう)として、3人セットとなっているよ。もちろん、センターにいるのが薬師如来さん。

如来(にょらい)は東大寺編で説明したとおり、仏像世界のトップ。薬師如来さんは、東のはての浄瑠璃(じょうるり)世界(るりという宝石が地面にいっぱいしいてある)に住んでいます。

“薬”って名前のとおり、心や身体の病気を救ってくれるありがたい仏さまです。死後の世界という未来を救う仏さまに比べて、“今”を救ってくれる点は、人気ポイントの1つですね。

ちなみに、薬師寺のは持っていないのですが、薬師如来さんというと、

140302 yakushiji 01

っていうふうに、薬の入った壺を持っている事が多いですね。

これから、薬を持っている仏像を見たら、

「ズバリ薬師如来だ」と友達に知ったかぶりできるね!

3.おまけ:驚いたこと

140302 yakushiji 03

かなり寒いのに薄着\(^o^)/

奈良県「薬師寺」への旅
参考データ

<旅をした日>
2006年12月

<参考本>
仏像のことを調べるときに井沢さんの本を参考にしました

ことりっぷ奈良です

京阪神エルマガジン社の旅行ガイドは、ページ構成が1番好きかも。ハズレもほとんどない。

<アクセス>

<関連サイト>