日本最後の清流「四万十川」で、最後に見た風景

140430 simanto 01 日本最後の清流「四万十川(しまんとがわ)」。高知県のシンボルでもあるこの川について、すんごい清流ってイメージが強くて、興味がわいて、確かめに行ったことがある。 140430 simanto 05 四万十川のイメージね。 その昔、これを見るために四国の旅を計画した。 たしか2泊3日で、四国全県の名所を巡りまくるという内容。 旅行はのんびりが1番だと頭ではわかっているのに、体はとにかく忙しい旅だった。 なにしろ時間がないので、朝から晩まで移動しまくり。 140430 simanto 02 全然関係ないけれど、そのときは駅でこんな観光ポスターを見かけて、励まされたりもした。 すぐにかなう夢よりも、 大きな夢を追いかけたい。 人はみな、そんな時代があるのかもしれない。 で、電車にのって、徳島県→香川県→高知県の順番でルートで旅をして、ようやく四万十川を通ることになったのだが。 140430 simanto 03 しばらく眠っていて、起きたときに外を見てみた。 ほんとは川で泳ぎたかったけれど、今回はハードスケジュールなのでしょうがない。 せめて、日本最後の清流を、この目で見られるだけでもよしとしよう。 窓から外をのぞいてみた。 ・・・ ・・・ 140430 simanto 04 真っ暗だった たしかに川はあるのだが、まったく何も見えない。 理由はいたってシンプル。夜だから。 俺はいったい、何をしに四万十川を目指したのだろう。 時計を見ると、すでに21時を過ぎていた。

高知県「四万十川」への旅 参考データ

<旅をした日> 2007年2月 <参考本> 逆襲シリーズも全国展開しているのか。 <アクセス> <関連サイト>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です