武雄温泉は「国重要文化財」の門とかかっこいいし、サービスも◯

140115 takeo onsen 07
神社のように見える建物のあたりから、湯気がモクモクと出ています。実はこれ、温泉です。なかなかかっこいいでしょう?佐賀県武雄市(たけおし)の武雄温泉に行きました。



1.武雄温泉駅から徒歩10分ほど歩くと

140115 takeo onsen 05
夜のひっそりとした住宅街に、何やら赤い物体が。

140115 takeo onsen 01
ドドーン!かっこいい!これが国の重要文化財になっている門です。設計は、なんと東京駅も設計した建築家 辰野金吾(たつのきんご)さんというお方です。

暗くて静かな道を歩いてきたせいか、この門の鮮やかさがいっそう引き立っている気がしました。門をくぐります。

140115 takeo onsen 04
140115 takeo onsen 03
この建物も、国の重要文化財です。

140115 takeo onsen 02
温泉っぽくなかったけど、やっぱり温泉でした。



2.温泉のイメージは観光ポスターでどうぞ

140115 takeo onsen 06
明治9年に建てられた、一番人気の元湯(もとゆ)です。情緒がありますねぇ。

温泉はアルカリ性の単純泉。きちんと掃除が行き届いていて清潔に感じました。また、何よりうれしいのが、朝6時30分〜夜12時まで営業していること。共同浴場としてはかなりめずらしいのではないでしょうか。

観光ポスターも言っています。

武雄の朝は、熱い。

なのです。こんな温泉、近所にほしい。あったらいつも通っちゃうな。



ふぅ、いい湯だった。かっこよくて、サービス精神たっぷりの温泉に満足。



これだけで、武雄市っていいところだなーと思うよ!(単純)



佐賀県「武雄温泉」への旅
参考データ


<旅をした日>
2013年12月

<参考にした本>

ことりっぷ風の武雄市の旅ガイド。現地で買っちゃいました。

九州をいろいろ巡るなら、全体版もいいかも
<アクセス>

<関連サイト>

140115_takeo-onsen_07.jpg

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です